幼児におすすめ!英検Jrサンプル問題の内容・感想と注意点

おうち英語

おうち英語をしていると、うちの子のレベルってどのくらいなんだろう?と気になりますよね。

英検Jrなら自宅でオンラインで受けることができます。

これから紹介するサンプル問題は、サンプルとはいえボリュームもあり、子供の実力を確認するには十分な内容になっています。

テストの動作環境がFlashPlayerですので、iPhoneやiPadではできないので注意が必要です。

英検Jrとは

英検Jrは、英検が小学生を対象に行っているテストですが、私はおうち英語をやっている幼児にもおすすめだと思います。

特徴としては、

  • オンラインで自宅から受験できる
  • リスニングのみ
  • ブロンズ、シルバー、ゴールドの3つのレベルに分かれている
  • 合否判定がない

合否判定はありませんが、有料のテストを受けると個人成績表と成績証明書が後日郵送で送られてきます。

オンラインテストは、ドリルやゲームもセットになった受験パッケージもあります。

英検Jrサンプル問題へのアクセス方法

英検Jrサンプル問題のページへのリンクはこちらから

ページ内の「英検Jrサンプル問題」をクリックすると受けられます。

英検Jrサンプル問題の内容

ブロンズは、英単語をある程度知っていれば分かる解けるレベルです。

シルバーや ゴールドになると、字が読めないと解けない問題が出てきます。

フォニックスをやっているお子さんなら、解けるかなと思います。

ブロンズは13問、シルバー、ゴールドは16問出題されます。すべてのレベルで最後にチェレンジ問題という正解のない質問が2問出題されます。

ブロンズの問題

問題音声
1.This is my key.
2.This is my pen.
   3.This is my notebook.
単語を知っていれば、出来る問題です。

※下の子は4歳になって、ひとりで受けられるようになりました。3歳くらいの時は、解答の番号と後に続く正解を選ぶというシステムを理解することが難しいようでした。

シルバーの問題

問題音声
hill
英単語が読めないとできない問題です。

ゴールドの問題

問題音声
Look! We’ve come to the top!
Yeah, it’s a great view!
Let’s have a race.

サンプル問題を解いてみての感想・注意点

約10分間くらいでしたが、ゲーム感覚で楽しかったようで、集中してやっていました。

上の子はおうち英語を初めて半年ですが、ブロンズは8-9割解けていました。シルバーは、6-7割といった感じでした。

子どもの自信につなげるには親が事前に確認しておいて、8-9割くらい取れそうなレベルを受けるのがいいかなと思いました。

子どもに操作をさせるなら、タッチパネル式のパソコンか子どもの手にも合う小さいマウスを用意した方がいいと思います。

賞状がくるのが魅力的なので、有料でオンラインテストを受けようかなと思っています。

追記:有料ブロンズテストを受けて

有料のブロンズのテストを受けました。サンプル問題と違い、説明の時間が5分あり、その後30分も試験があったので、 本人は、楽しかったと言っていましたが、結構疲れていそうでした。

すぐに結果が見れたのがよかったです。また、3週間後賞状が贈られてきました。かっこいい賞状で自慢のようでした。

追記:4か月後シルバーを受けて

9月にブロンズのサンプル問題を受け、シルバーを受けていましたが、6-7割といった感じでした。

4ヵ月後の2月にシルバーを受けてみました。DWEのブルーCAPを取得し、前置詞やある程度単語が読めるようになっていたので、8-9割の問題が解けていました。

前置詞がわかるようになったんだとか、成長の確認になりました。 改めて 、おうち英語や幼児には最適なテストだなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました