5才からテレビを英語だけにした方法!

おうち英語

上の子が5才からおうち英語をやっています。

そしておうち英語に欠かせないのが、英語のYou TubeやDVDです。

上の子は2才からテレビでプリキュア やしまじろうを見せてしまっていたので、もう今更英語だけにはできないなと思っていました。

おうち英語をやる前は、毎日、プリキュア やしまじろうの録画したものを見せていました。

そんな状況でどうやってやったのか。

ちょっとした工夫と強引な手法をご紹介します

子供がハマる英語の動画を見つけた

子供が楽しくないものを無理矢理見せてもしょうがないので、子供が気に入る英語の動画を探したり、環境づくりをしてから始めましょう。

うちは、たまたま友人から借りたLeap FrogのDVDにハマったことから、始まりました。

このDVDは、しまじろうやプリキュアと肩を並べるくらい子供たちがハマり、アルファベットの書きやフォニックス読みを覚えました。

その後、子供が しまじろうやプリキュア と同じくらい楽しめる動画を探しています。

※このDVDはリージョン1 のため、 パソコンかリージョンフリーのDVDプレイヤーでしか見れません

おうち英語初期におすすめのYouTube

  • Super Simple Songs
  • Cocomelon
Are You Hungry? | + More Kids Songs | Super Simple Songs
Bath Song + More Nursery Rhymes & Kids Songs – CoComelon

Goomiesも最近人気のDVDで3000円台で、子供がハマるとTwitterで良く紹介されています。日常会話がメインで、兄弟でフレーズを真似して遊んでいたとのコメントもあって、初心者から楽しめるようです。

音楽⇒映像の順番で見せて興味を引く

全く内容がわからない映像を見せられても、そりゃプリキュアの方がいいだろうと思います。

なので、うちでは、最初はSuper Simple SongsやCocomelonの音楽だけを聴かせていました。

音楽を毎日かけ流して、音楽に聴きなれてきた頃に動画を見せるようにしましいた。

いつも掛かっている音楽の映像なので、内容が気になるらしく真剣にみていました。

この順番の方が、子供の興味を引き付けやすいので、

うちは、いまでも音楽を先に聞かせて、慣れてきたら映像を見せるという順番にしています。

テレビのチャンネル権が子供にあるという家庭でも、BGM権は親にある家庭が多いのでは?

かけ流しから始めることをお勧めします。

いざ、テレビを英語だけに

テレビを壊れたことにしてリビングから撤去しました

本来は、英語だけにしようと思ったのではなく、下の子も大きくなり、チャンネル争いがはじまったことが、きっかけでした。

いままで、育児を楽にしてくれたテレビでしたが、今ではケンカのもとに。

テレビの必要性を感じ無くなってしまいました。

リビングから撤去し、壊れたことにして、一週間テレビなしの生活にしました。

どうせなら、英語に切り替えてしまおうと、もうテレビは映らなくなってしまったよ。

DVDプレイヤーやiPhoneで英語の動画を見せています。

ケーブルで、テレビとiPhoneをつなぎ、後はスマホを操作し、You Tubeなどの動画を流すだけです。

旅行先のテレビでも使えるので、旅行先でも英語育児ができますよ

子どもたちの様子

上の子は、壊れたとか、映らなくなってしまったと困っている様子をみせると、しょうがないかという感じでした。

下の子は、2才だったのでこの理由が理解できないので、1-2日くらいプリキュアがみたいと怒っていましたが、幼いのですぐにこのシステムになれました。

また、英語だとふしぎとチャンネル争いをしなくなりました。

リビングにテレビがなくテレビが目につかないので、平日は子供たちからはテレビが見たいということがなくなりました。

絵本を読む時間が増えたり、絵を描いたり、工作をしたりする時間が増え、テレビは特別なものという認識になりました。

しばらくして、大好きなプリキュアだけはみせてやろうかなと日曜日の8時半からのみテレビが映るという変な言い訳をして、プリキュアだけは日本語で見せています。

幼児期は、「なんとかごまかしようがある」のと、「数日たてばすぐに慣れるので」各家庭でアレンジして試してみてください。

娘が英語のみを受け入れている一つの理由

娘が英語の映像をすすんでみてくれるのは、「英語=すごい、かっこいい」をいうイメージがあるからこそだと思います。

大きいからこそ、英語への憧れを作ってあげることで、意欲的になりました。

たまたま取り寄せたDWEのサンプルDVDを見ていて、娘が最もくいついたのは、同年齢の子が英語を流暢に話すところでした。

また、DWE卒業生の大学生の子や親が英語をやっていてよかったという内容を見て、 英語はいいんだと思ったようでした。

また、英語の発音に関しては娘が一番なので、そこを褒めていたら、英語ママたちよりも得意だということに誇りを持っているようです。

英語の語彙数が増えて慣れてくると、楽しめる動画の幅も増えるのでいいループが作れてきました。

DWEが気になる方はサンプル請求してみてください。我が家は中古で購入したのでと断りました。半年後自分からコンタクトを取るまでは、アドバイザーさんからのコンタクトはありませんでした。

追記:おうち英語もうすぐ1年での感想

初期の頃は、映像を見せなくては意味がないと思っていました。

わが家は、共働きで8時から18時まで保育園なので、平日はほとんど映像は見せる時間がありません。平日のかけ流しは1~2時間と、かけ流している音声の映像を 週末に 見せて1年過ごしてきました。

それでも、英語は入っていっていると感じます。簡単な質問は答えられる、音読や簡単な絵本なら読めるレベルになりました。

かけ流しで英語に慣れたら、英語の映像も見てくれるチャンスがあると思います。年少以上からのスタートのポイントはかけ流しから入ること、「英語=かっこいい」を作ることだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました