出産準備!祖父母の家に用意してもらって嬉しかったもの5選

子育て

二人のこどもを連れて、よく義理の両親の宅へ帰省しています。車で片道3時間の距離ですが、子供たちが生まれてから、2~3か月に1回は帰省するようにしています。

私の方の実家は、飛行機を使わないと帰れない距離のため、祖父母の身近に感じてほしい、温かさを感じてほしいと義理の実家によく帰るようにしています。

義理の両親が、私たちの育児に協力的、私たちのやり方を尊重してくれることも大きいと思います。また、私たちが帰ってきやすいように環境を整えてくださったことも大きいです。

そこで、祖父母が用意してくれて助かった・うれしかったものを紹介します。もうすぐお孫さんが生まれる、お子さんが生まれる方に参考にしてもらえると嬉しいです。

ベビーサークルorベビーゲート

自宅は赤ちゃん仕様で、危ないもの・危ない箇所には近づけないようにしていますが、祖父母宅は通常は赤ちゃんがいないので、危ないものや危ない箇所があることが多いです。

赤ちゃんがいなくても気を使う義理の実家で、不安全な個所が多いと気が休まりません。それが原因で行きたくないという友人もいました。

義理の両親は、ストーブや階段などへ近づかないように、ゲートを設置したりして配慮してくれていたので、祖父母宅でも安心できて助かりました。

昔ながらのおんぶひも

現在の抱っこひもは、前にだっこするものが多く、母世代は不慣れで使うのが難しいようでした。母世代はおんぶ紐だったので、おんぶ紐を購入してくれていました。

私がちょっと買い物に出たときでも、おんぶ紐なら祖母が自分でおんぶできるので良かったようです。

Inglesina ベビーチェア

このベビーチェアは イングリッシーナファストといって、イタリアのベビー用品ブランド「Inglesina(イングリッシーナ)」から発売されているものです。 ダイニングテーブルにつけられて、取り外すと小さめの座布団くらい大きさになるので便利でした。持ち運びの袋もついているので、外食にも持っていけて便利でした。

通常のベビーチェアは邪魔になりますが、これなら孫が来たときだけ付けて後は、畳んで仕舞うことができます。こちらは、私たちが購入し、祖父母宅に置かせていただいたのですが、邪魔にならないと喜んでもらえました。

空気清浄加湿器

冬の季節、私たちが来たときは、ストーブは危ないし、空気も悪くなということで、主にエアコンで暖房をつけてくれています。そして、乾燥しないように、風邪をひかせないようにと、加湿器を購入してくれていました。

空気清浄機や加湿器はなくてもなくてもいいのですが、気遣いがとてもうれしかったです。

ジャングルジム※要相談

こちらは子どもから目が離せなくなるのと場所をとるので、相談が必要ですが、公園が近くにない義理の実家が用意してくれていました。

毎回帰省のたびに、子どもたちは楽しく遊んでいます。自宅にあると、子供たちはすぐ飽きそうですが、たまに行く義理の実家なので飽きずに何年も遊んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました